マンション投資を失敗させないために行なう対策

女性

オーナーにならずに収益を

不動産オーナーには管理の手間や修繕費の出費などのデメリットがあります。しかしみんなで大家さんを利用すればこのようなデメリットを受けずに収益を得ることができるようになるのです。

レディ

エリア別で家賃の確認

家賃相場の確認は地域別に行ないましょう。その地域によって家賃の特性があるため、その特性を知ることでしっかりと家賃を設定することが出来るでしょう。また地域に密着した不動産会社に相談するのもいいです。

住宅模型と男性

期間限定

リロケーションは転勤などで一時自宅を不在にする場合に行なわれるものになります。不在の物件を賃貸として期間を設けて貸し出すことの出来るサービスになるので転勤が多い方はしっかりと知っておきましょう。

マンション投資

マンション

マンション投資には大きく分けて2つの運用方法があります。投資用マンションを一棟全て購入し運用する方法と、マンションの一部屋、もしくはフロアで分けて購入する方法になります。どちらも長所短所がありますので、その部分をしっかりと理解しておかなければ運用を失敗してしまう可能性があります。マンション投資を失敗させないためにもその違いを理解していきましょう。投資用のマンションを一棟で運用する場合のメリットとしては収益が大きいことが挙げられます。一棟全てに入居者がいれば家賃収入だけでかなりの金額になります。また、満室になれば安定した収益を得ることができるため運用としても失敗し難いと言えます。しかしデメリットとしては、一棟の管理に手間が掛かってしまうことです。一棟丸々の管理になるので自己管理では間に合わない可能性が出てきますし、そうなった場合は管理会社に依頼を出し、依頼料が出費になってしまうことがあります。
一部屋やフロアに分けて行なう運用のメリットは管理が容易なことです。特に一部屋の場合だと修繕費もメンテナンスも特に気にするものではないでしょう。しかし、部屋数が一棟運用に比べて少ないため収益も少額になってしまい、運用自体がシビアになりがちです。また地震などの自然災害が起きてしまってマンションが倒壊してしまった場合はその時点で運用が終わってしまうことがあります。この違いを知っておくだけでも初めてマンション投資を行なう方にとってリスクを避けることができ失敗にもなりにくいです。